2016年12月5日月曜日

先週までの入荷 12/5

現在、在庫のある先週入荷の商品一覧です。
完売している商品も取り寄せ出来る場合がございます。
お気軽にお問い合わせ下さい。



デニムの素材感を残したままイージーウエアとしての着用感を実現したglambのニットデニムラインに今季も新作が登場。細身の上品なサルエルテーパードに纏められたボディは股上両脇に配されたダーツもアクセント。ギャザーで絞られた裾にはゴムが配されており、裾に上下を付けたジョガーパンツとしてスタイリング頂けます。ウエストにはドローコードを用いればベルト無しで手軽に着用出来てしまう本作ですが、ヒゲや色落ちのベースとなるヒゲ台にはブランドが何本ものヴィンテージモデルを参考に作り上げたオリジナルの型を使用。ブランドが追及した美しい色落ちの形も合わせてお楽しみください。
*ニットデニム複雑な織りを得意とするドビー織機を用い、縦糸に硫化染めの色糸、横糸に白糸を用いてデニムと同様の色使いを表現。スウェットを思わせる伸縮ある生地に仕上げながら、洗いや削りによって経年変化の表情が生まれる新素材となっています。


リュクスな光沢が冬空に映えるBig knit〈ビックニット〉。若干毛足の短いナイロンショートフェザーを使ってVネックの肉厚なボディを編み上げ、滑らかな肌触りとウィンタースタイルには必須の保温性を兼ね備えました。オフショルダーに倣った身幅と広めのアームで品名通りビッグシルエットの1枚は、サルエルパンツやタイトパンツと合わせて緩急あるスタイリングを楽しんで頂きたいもの。


ダメージスキニーに前衛的なサルエルシルエットを掛け合わせ現代的でエッジィな佇まいを作り出したThomas skinny denim〈トーマススキニーデニム〉。淡くグラデーション状に描かれた色落ちは、1970年代のデニムに見られる経年変化の表情をサンプリングして再現。ボディ自体は現代的なサルエルスキニーながら、ヴィンテージ感覚ある風合いを落とし込み、glambのデニムに対する拘りをしっかりと表現しました。フィッティング自体は非常にタイトながらテキスタイルにはストレッチデニムを使用。股下には可動域を確保するマチも設けて日々の着用に無理のない穿き心地に仕立てています。


ロックマインドを感じさせる前衛的なデザインを、クラシカルなテーラリングと掛け合わせたglamb独自のチェスターコート、Maverick coat〈マーヴェリックコート〉。身頃はプリンセスラインを用いて上品なシェイプに仕立てつつ、アームは大胆にもMA-1に切り替え。その斬新なアイデアの反面、ボディのテキスタイルには長く滑らかな毛足を備えたメルトン生地を用いており、全体の印象はアダルトでエレガントなものに纏めています。センターベンツに切り込まれた裾は寒冷時を想定して、内側に防寒用のボタンを用意。袖にはユーティリティポケットや袖口からの隙間風を防ぐリブ仕様など、ミリタリーの機能性も兼ね揃え、デザインと着心地の両面で完成された1着となっております。


"世界を股(MATA)に掛けて旅(TABI)をする"というテーマを基にネーミングされた注目の小物ブランドMATATABIとglambのコラボレーションでTrip clutch bag by MATATABI〈トリップクラッチバッグバイマタタビ〉をお届けします。今季のコレクションテーマをモチーフに、地図とメッセージを描いたグラフィックをボディに描きました。セパレートになった内側にはロードムービー「INTO THE WILD」の1コマから着想を得た抜け感溢れるグラフィックをON。ジップの開閉で荷物の収納を可能にしており、ちょっとした外出に適したサイズ感も嬉しいポイントです。ファッション感度高い同アイテムをスタイリングに加えて今季のムードを楽しんで頂きたい所。※こちらの商品は、表面が紙になりますので、水濡れやご使用方法により経年変化が著しい場合がございます。予めご了承下さい。


ガウン調の抜け感溢れるルックスがノスタルジックな世界観を感じさせるLoose cardigan〈ルーズカーディガン〉。アクリル糸を用いローゲージの片畦編みで仕立てたガーメントに起毛を施し、肌触りは抜群。たとえ素肌の上に羽織ったとしてもその着心地に病み付きになる事でしょう。深めのVネックに長めのシルエットでアダルトな印象ですが、素材を横使いにした大振りポケットを左右に配したり、または目を惹くシルバーコンチョボタンを用いたりと上手にカジュアルダウン。Monotone Collectionならではのモードとリラックス、2つの世界観が同居する1枚が完成です。





モードとフォークロアを掛け合わせ、ミニマルでありながら存在感に溢れたデザインを作り上げたRafael knit〈ラファエルニット〉。9部丈の袖とビッグシルエットを組み合わせたボディは、片畦編みで縦へのテクスチャを付けて民族服の佇まいをミニマルに表現。編みっぱなしになった両裾にそれぞれフリンジ6本をあしらってアイコニックなルックスに纏めました。透かし柄のジャガードをあしらった首元は広めのVネックに設けており、都会的で色気のあるムードを演出。今季、""をコレクションテーマに旅する放浪者を描いたブランドの世界観をスマートなヴィジュアルに閉じ込めました。


"Grunge for Luxury"をコンセプトに、ロックミュージックのエッセンスを取り込んだ洋服作りを続けるglamb。Gaudy denim〈ガウディデニム〉はデイリーに着回せるスキニーデニムにブランドの空気感をアイコニックに落とし込んだ1本。シルエットはシャープなスキニーラインを守りながら、後ろ身頃の股上に若干のゆとりを持たせる事で、ウエストに合わせても腰で穿いた様なルーズなニュアンスを演出。ブランド拘りのシルエットを守りつつ、右のコインポケットをブランドアイコンであるレザーパッチワークに見立てた別生地であしらってglambを体現する1本に仕上げました。テキスタイルには糸の撚りや織り組織を調整し、レギンスクラスの伸縮を実現したストレッチデニムを使用。カラーバリエーションもそれぞれスタイルを問わずに使える3色を取り揃え、ブランドの常連様はもちろん初めての1本としても絶好のアイテムとなっています。


前立てを比翼隠しにしたプレーンなホワイトシャツに、glambを代表するモチーフGaudy patch〈ガウディパッチ〉を配したGaudy SH〈ガウディシャツ〉。本物のレザーの様な質感に迫るべく発泡プリントで落とし込んだその別生地を、胸ポケットの下に挟み込んでブランドらしいアシンメトリー調のルックスを作りました。ジャケットやカーディガンを羽織っても隠れることのない胸元中央の柄使いは秋冬のレイヤードスタイルに絶好のワンポイント。素材には伸縮性抜群のポリウレタン混テキスタイルを用いているので、ストレスを感じないまま幅広いスタイリングをお楽しみ下さい。


2016 Summer Collectionで人気を博したSting backpack (A) (B)〈スティングバックパック (A) (B)〉をテキスタイルを新たにお届けします。スナップボタンによる着脱を可能にしたフラップは自転車やバイクで出掛けるロードトリップの際にハットを型崩れすること無く携行出来る仕様。(Bタイプはハット入れフラップが付属されません。)そんなフラップをバックル付きベルトで巻き上げる事で見える本体は、glambの根底に流れる「旅」を想起させる仕立てです。鞄の中身を守るフラップに、荷物の棲み分けを可能にする大小サイズの異なるポケットを3つ設けており、普段使いは勿論、旅行にも適した作り。荷物の取り出しを容易にするサイドジップや、耐久性を考慮に入れて鞄底をレザーに切り替える等、細部に渡り実用性に配慮しています。デニムを採用した今作は、洗い加工を施す事で長旅を共にしたかの風合い。Sting hat flap〈スティングハットフラップ〉とセットで購入し、その日の気分やスタイリングに応じてバックパックの装いの変化も楽しみたい。


レザーを惜しみなく用いたラグジュアリーなルックスと圧倒的な防寒性からglambの秋冬コレクションを代表するアイテムとなっているレザーダウンの今季作となるStrato down JKT〈ストラトダウンジャケット〉。身生地に選んだのはベジタブルタンニンレザー。主流となるクロム鞣しよりも鞣しに時間をかけた素材は、使い込む程に表面に馴染みが生まれ、アタリや艶を刻んでいきます。大振りなフードはスナップボタンを留める事で顎から額までを包み込んで隙間風をシャットアウト。袖口の内側にも隠しリブを設けて内部の温度をしっかりと守ります。今季は定番のBlack、Brownに加えて、Navy、Redといった挿し色をご用意。初登場から7年、未だ進化を続けるglambのマスターピースを今年是非お試し下さい。※こちらの商品は、機能性中綿素材を使用しております。予めご了承下さい。


UKファッションを代表するモッズコートにglambならではのシャープな解釈を施したHamish mods coat〈ハミッシュモッズコート〉。元々軍物の払い下げからストリートでの着用が始まったモッズコートは、その起源ではバルーン状の大振りなシルエットが特徴。glambはそれを現代的なタイトフィットへとリシェイプする事によりミリタリーの野暮ったさを払拭し、洗練の佇まいへと纏めました。ファーとキルティングライナーを着脱すれば3シーズンに渡って着用可能なこの1着。単品でリリースされるJohn arm band〈ジョンアームバンド〉を、左腕に配されたボタンで留めるスタイリングも今季のコーディネート提案の1つです。






一切の無駄を省いたベーシックデザインが魅力のShelby CS〈シェルビーカットソー〉。シルエットは程良い身幅のレギュラーライン。無造作に袖を通しても、程良く開いたネックラインが男の色気を演出してくれます。素材には40/2天竺を採用。WhiteやBlackに加え、OrangeやNavyなどスタイルにニュアンスをプラスしてくれるカラー展開も魅力です。お手頃なプライスなので、使い勝手を考えて多色買いもお勧め。


 (GZ16028)
【販売価格】:¥15,000+税
【素材】:真鍮
【カラー】:Silver、Gold
ブランドロゴを彫刻したシンプルなジッポーです。
Silver はクロムメッキ加工、Gold は金メッキ加工を施しています。


(GW16006) 
【販売価格】:¥47,000+税
【素材】:羊スエード、牛革、ムートン
【カラー】:Black
【サイズ】:M(24cm)、L(25cm)
羊スエードを使用した新作のグローブです。
手首部分の内側にはムートン素材があしらわれています。


 (GW16005)
【販売価格】:¥6,000+税
【素材】:フェイクレザー ( 表 )、フェイクスエード ( 裏 )
    ポリウレタン( 底 )、SV925
【カラー】:Black、Brown
【サイズ】:One Size ( 外寸29cm )
日常生活に少し彩りを.....。
ガルニよりお家のアクセサリーとして初のスリッパをリリースします。
※コットン製巾着付き


ひび割れをイメージした柄をジャガードで織りこんだテキスタイル。
耳当てと額部分にウールファーを用いたボンバーキャップ。


毎シーズン定評のあるメルトンドレープ変形Pコート。今季はさらにブラッシュアップさせたシルエットに肌触りの良いソフトタッチなメルトン素材を使用し、裏地はrehacerオリジナルのリーフ柄中綿キルティング素材を採用、より完成度の高い1枚に仕上がっています。こだわりの衿のカッティングラインはタートルネック等とのスタイリングの相性も良く、秀逸な仕上がりになっています。


たっぷりとゆとりを取った独特なシルエットがインパクトを与えるショールカラー中綿JKT。中綿には高機能素材の「Shinsulate」を採用、柔らかいドレープ感と保温性を兼ね備えた1枚に仕上げています。「Shinsulate」は3M社が開発した軽量かつ保温性に優れた高機能中綿素材で、独自の科学的分析に基づき、ウインタースポーツウェアから小物まで、さまざまなアイテムに採用されています。ゆとりのあるシルエットと保温性に優れた素材使いはまるで布団にくるまっているような快適さを与えてくれます。



ウール混バルキースムースを使用した、ネックウォーマー付きのクルーネックニットソー。しっかりと編み立てられたバルキー性のあるアクリルウールはボリューム感と軽量性を併せ持ち、肌触りにまでこだわった1枚に仕上がっています。あえてベーシックなフォルムにまとめたBODYに、SETのネックウォーマーの使い方1つでさまざまな表情が生まれます。


TROVE定番のカンガスガウン。今作は大振りのチェックが特徴的なイタリア製モヘア混シャギーチェック素材を採用。スライバー編み機で織り上げる事で、肉厚でボリュームのある暖かな肌触りながら、非常に軽く、適度な伸縮性も確保。たっぷり分量をもたせたショールカラー仕様でストールを纏っている様な着心地。緩やかなロングシルエット。
※イタリア発祥の織り機(製法)で編まれたスライバーニットは、生地を織る際に空気を含ませながら織る事から、
別名“エアウール”とも呼ばれる。原料をつくる工程が通常のニットとは違い、綿状のふわっとしたロープ状の原料を作ってから、「スライバー編み機」という専用の機械で丁寧に編みこんで生地になります。



異素材切替のループマフラー。滑らかな肌触りを実現したビーバー仕上げの上質なウールテキスタイルと、抜群の保温性と毛布にくるまれている様な優しい肌触りが特徴の特殊ボアを使用。


セットアップとしてKNIT MELTON 2B JKTと着用可能なラップオーバーパンツです。
カジュアルなセットアップとして使える一着です。
秋口にはL/S TEEなどと合わせるのもおすすめです。


光沢を抑えたポリエステルの中綿ロングコートになります。従来の高密度で強度に優れ、耐水、撥水性を持ちながらもコットンの様な手触りとなっており、ナチュラルな表面感に仕上がっております。冬場の中にニットなどを着込む事を想定した全体的にゆったりとしたシルエットに仕上げており、非常に軽く、ストレスフリーな仕上がりとなっております。首元にはM-65ジャケットやポケット口や裾にはモッズコートのディティールを加え、着丈を伸ばしたこの冬一番の防寒性のあるアウターとなっております。シンプルなデザインでありながら、様々なコーディネートにお使いいただける冬場の万能アウターとなっております。




0 件のコメント:

コメントを投稿